クラウドによる勤怠管理のメリットとデメリット

勤怠管理を行う方法には従来のタイムカードによる方法、企業システムを利用した方法、そしてクラウドを利用する方法があります。

タイムカードを利用する方法は非常に分かりやすく簡単な反面、月末に担当者がカードを集計して勤務表を作成するという作業が発生するため、締日になると担当者が非常に忙しくなるという問題があります。


企業システムを利用した方法は担当者の負荷が軽減する半面、導入コストがかかることと、日々の管理運営に人手と費用が掛かってしまうのが大きな問題です。



クラウドによる勤怠管理はこれらの作業を全てシステム運営側で行うため、利用する企業にはその負荷が一切かからないというメリットが有ります。


また、導入コストも少なくて済むため、特に導入コストに見合った効果が得にくい中小企業や、管理者や運用者がいない企業にとっては非常に便利なシステムです。

OKWaveの優良サイトならこちらで見つかります。

しかし、クラウドによる勤怠管理はインターネットで接続されることが多い為その接続回線の状況によっては利用ができなくなったり、反応が遅くなってしまうといった危険があります。



さらに、その構造から複数の企業が利用しているためその負荷のかかり具合によっては動作が遅くなってしまうことがあるといったデメリットがあります。


サービスを提供する側の品質管理と機能の補償によるところが大きいため、サービスを選ぶ際にはその点に注意する必要があります。

さらに、勤怠情報は個人情報に相当するため、その個人情報の管理を外部の業者に委託するという点についても十分な検討が必要になります。