勤怠管理に必要なタイムカードの役割について

勤怠管理には時間の管理と業務内容における管理の二つが必要となります。

時間の管理は従業員が自分のタイムカードをタイムレコーダーに挿入する事で、出勤時刻と退社時刻を記録する事で管理を行う事が出来ます。



これに対し、業務内容における管理は業務日報を従業員に書いて貰う事で勤怠管理を行う事が出来ると言う事です。

基本も充実したエキサイトニュース情報はこちらです。

尚、時間の管理と言うのは、遅刻や早退、欠勤、残業時間などの管理を行う必要が在り、これらの管理を行う上でタイムカードが必要になります。


タイムカードは1カ月分の記録を行う事が出来るカードで、1日から31日までの記録と、出勤と退社の記録を行う事が出来る欄が設けられており、カードを挿入することで当日の現在時刻に応じた欄に時間の記録が行えるようになっています。出勤の欄、退社の欄、残業の欄と言った形に分けられているものが多く在りますが、出勤の欄に記録されている時刻が会社の中で定めている出勤時刻よりも前の時刻なっている事で定時出社と言う扱いになり、出勤時刻よりも後の時刻になると遅刻と言う扱いになります。退社時刻も出社時刻と同様なチェックをする事になりますが、退社時刻は定時退社と残業をして退社すると言う2つの種類があるため、タイムカードに記録されている時刻をチェックして残業の有無の確認をする必要が有ります。
また、残業時間は給料に反映させなければならない労働時間であり、タイムカードに記録されている退社時刻をチェックし、集計を行って一ヶ月の残業時間を割り出す必要が有ります。